アイドル・歌手

【画像】櫻井翔のタンクトップがダサい!ベトナムの私服はSurfing Power

嵐の櫻井翔さんが正月から38歳の彼女とベトナムへ婚前旅行に行っていたことが文春に報じられましたね。

櫻井翔さんはタンクトップの姿で写真を撮られていましたが、ベトナムの私服がダサいと言われていました。

今回は櫻井翔さんのタンクトップの画像を振り返ると共に、ブランドやロゴの意味について探っていました。

スポンサーリンク

【画像】櫻井翔のタンクトップがダサい(ベトナム)

櫻井翔さんは彼女とベトナムで旅行していた様子をスクープされています。

櫻井翔さんはベトナムの私服はタンクトップに短パン、サンダルといった非常にラフな格好でした。

これはダサいというか、なんとも独特なファッションですね。

櫻井翔さんがベトナムでの私服は上から順に以下のようになっていました。

  • CHICAGOのロゴが入ったグレーのベースボールキャップ
  • サングラス
  • グレーのタンクトップ
  • アジアン風の紺色の短パン
  • ビーチサンダル

思い切り南国気分を味わいたかったのでしょうが、服装が私服のようでダサいと感じてしまいます。

特にタンクトップのダサさが際立っていますね。

スポンサーリンク

櫻井翔のタンクトップのブランドは?【ベトナム私服】

櫻井翔さんのタンクトップには「SURFING POWER 72」というロゴが入っています。

以下は櫻井翔さんのタンクトップのロゴの拡大画像です。

ベトナムの私服はどんなブランドのタンクトップなのか非常に気になりますよね。

まず、「SURFING POWER」というブランドは存在しませんでした。

そして、「SURFING POWER 72」のロゴが入ったブランドも調べてみましたが、残念ながらネット上には公開されていませんでした。

SURFING(サーフィン)に関連するブランドとして、BILLABONG(ビラボン)がありますが、櫻井翔さんのタンクトップとは異なるようです。

▲水陸両用 パイル タンクトップ(BILLABONG)

また、タンクトップといえば、櫻井翔さんが以前アブナイ夜会で着用してたブランド・MIHARA YASUHIROもあります。

しかし、こちらもベトナムで着用していたタンクトップのブランドではないようでした。

▲puma by MIHARAYASUHIRO

ネット上に情報が公開されていないことを考えると、

  • 海外製のマイナーなブランド
  • ネット上には写真を載せていない個人経営のショップ

が考えられるでしょうか。

スポンサーリンク

櫻井翔のタンクトップのロゴ「SURFING POWER」の意味は?

櫻井翔さんのタンクトップ(ベトナムの私服)には「SURFING POWER 72」という文字が入っていましたね。

サーフィン界で「SURFING POWER」という言葉はあまり使われません。

その逆の語順で、パワーサフィンという言葉はよく使われます。

パワーサフィンとは読んで字の如く、力強いサーフィンのことを指します。

以下、パワフルなパワーサーフィンの動画です。

ターンが非常に力強いですよね。

波に対して強引にターンするのでパワーサーフィンと言われているようです。

これを考慮すると、SURFING POWERは

  • パワーサフィンのことを指しているのか
  • パワーサフィンのような力強さを表現しているのか
  • 直訳で「サーフィン力」を意味しているのか
  • ただ単に文字がカッコいいと判断してロゴを入れたのか

いずれかの意味や理由が考えられるでしょうか。

ただ、百歩譲って「SURFING POWER」の意味が分かったとしても、最後の72の意味が謎ですよね。

もしかすると、そこまで深い意味はないのかもしれません。

スポンサーリンク

櫻井翔のタンクトップにネット上の声は?ロゴがダサい

櫻井翔さんのタンクトップにネット上では「タンクトップがダサい」「surfing power 72がダサすぎる」という声が挙がっていました。

以下、Twitter上の声です。

ベトナムの私服の「surfing power」がダサすぎで逆に気になる人までいましたね。

櫻井翔さんは熱愛報道が出るたびに、私服のダサさが話題になっており、その度にほっこりさせられます。

嵐はここ最近暗い話題が多かったので、今回はある意味ちょうど良かったのかもしれません。

松本潤と二宮和也
二宮和也と松本潤の不仲の理由はニノ結婚?ZIPのシカトや肩組み拒否がやばい二宮和也さんと松本潤さんの不仲説が話題になっています。 きっかけは、松本潤さんの「シカト」疑惑や「ニノの肩に手を置かなかったこと」のよ...

櫻井翔さんの今後の熱愛報道に注目したいと思います。

スポンサーリンク