芸人

ネイビーズアフロの経歴プロフィール!高学歴で吉岡里帆から告白された過去も

ネイビーズアフロは吉本興業所属で高学歴であることで有名です。

漫才のスタイルは早口インテリ漫才で、今後の活躍が期待されています。

今回はネイビーズアフロの経歴プロフィールについてまとめました。

また、吉岡里帆さんとネイビーズアフロの関係についてもご紹介します。

スポンサーリンク

ネイビーズアフロの経歴プロフィール

ネイビーズアフロ(Navys afro)は、吉本興業所属のお笑いコンビです。

ボケ担当は皆川さんで、ツッコミ担当は、はじりさんです。

▲左・皆川/右・はじり

ネイビーズアフロは2011年11月に結成しています。

同期には以下の芸人がいます。

  • コロコロチキチキペッパーズ
  • カミナリ
  • 霜降り明星
  • ゆにばーす
  • ハナコ

以下、ネイビーズアフロのプロフィールです。

<皆川のプロフィール>

  • 本名:皆川 勇気(みながわ ゆうき)
  • 担当:ボケ
  • 性別:男性
  • 生年月日:1992年09月22日
  • 身長/体重:183cm /62kg
  • 血液型:A型
  • 出身地:京都府 京都市
  • 趣味:カラオケ、フルマラソン(3時間44分)、サッカー
  • 特技:ミスチル、コブクロの曲は全曲歌詞なしで歌える
  • 出身/入社/入門:2010年 NSC大阪校 33期生

<はじりのプロフィール>

  • 本名:羽尻 紘規(はじり ひろき)
  • 担当:ツッコミ
  • 性別:男性
  • 生年月日:1992年07月16日
  • 身長/体重:169cm /59kg
  • 血液型:O型
  • 出身地:京都府 京都市
  • 趣味:AKB48等アイドル全般、バドミントン、卓球、ゲーム(太鼓の達人)
  • 特技:暗記
  • 出身/入社/入門:2010年 NSC大阪校 33期生

ネイビーズアフロの漫才のスタイルは早口インテリ漫才です。

皆川さんが賢くて濃いキャラを演じることが多く、代表ネタは「天使と悪魔」というネタです。

皆川さんはずる賢い悪魔の役を演じています。

以下、これまでのネイビーズアフロの受賞歴です。

  • 「第52回上方漫才大賞」新人賞ノミネート(2017年)
  • 「第7回ytv漫才新人賞」決勝進出(2018年)
  • 「第53回上方漫才大賞」新人賞ノミネート(2018年)
  • 「第49回NHK上方漫才コンテスト」決勝進出(2019年)
  • 「第8回ytv漫才新人賞」決勝進出(2019年)

ちなみに、2019年のM1は準々決勝まで進んでいます。

現在では冠ラジオ番組「ネイビーズアフロの聴けばミヤコ!」、‬ 「ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO」を担当しています。

スポンサーリンク

ネイビーズアフロの結成秘話&コンビ名の由来

コンビ結成は小学生の頃から漫才師を目指していた皆川さんが、羽尻さんを誘ったのがきっかけです。

コンビを結成したのは2011年11月11日です。

コンビ名の由来ですが、トータルテンボスの藤田さんが名付け親だそうです。

2011年11月11日、お二人は大好きなトータルテンボスの単独ライブに足を運んでいました。

ライブ後のサイン会でコンビ名を名付けてもらったといいます。

皆川さんは当時、「NAVY」と書かれたTシャツを着ていました。

それを見たトータルテンボス藤田さんが「ネイビーズ」と提案しました。

さらに、藤田さんがアフロだったので「ネイビーズアフロ」となったようです。

スポンサーリンク

ネイビーズアフロの学歴が凄い!

ネイビーズアフロは高学歴で、同じ高校大学に通っていました。

まず高校ですが、京都市立堀川高等学校に通っていました。

堀川高校は偏差値65 – 72の進学校で、毎年50-70名弱が京大東大に合格しています。

京都府内でも超名門校ですね。

その後、皆川さんと羽尻さんは国立大学の名門大学である神戸大学に進学しました。

皆川さんと羽尻さんは同じ大学ではありますが、学部は異なります。

  • 皆川勇気:神戸大学発達科学部卒業
  • 羽尻紘規:神戸大学工学部卒業

芸人を続けながらも大学をきちんと卒業されているようですね。

スポンサーリンク

ネイビーズアフロと吉岡里帆の関係は?

ネイビーズアフロの羽尻さんと女優の吉岡里帆さんは同じ幼稚園の同級生です。

小学生3年生の頃、バレンタインデーに吉岡さんが家族と一緒に羽尻さんの自宅に訪ねて来たことがあります。

そのときに、吉岡里帆は羽尻さんに「ずっと好きでした」と告白しました。

一方で、吉岡里帆さんも初恋の相手は幼稚園の同級生だと語ってます。

2017年7月6日の「櫻井・有吉THE夜会」で、吉岡里帆さんは

「幼稚園時代の初恋の人の家に小学校に上がってからチョコレートを渡しに行った」

と語っています。

幼稚園のころから小学3年生の頃までずっと好きだったんですね。

吉岡里帆さんが小学生ながらにして、ここまでピュアに恋をしていたというのは微笑ましいですね。

スポンサーリンク