映画

『ジョーカー』ラストのネタバレ考察!バットマンへのジョークだった?

ジョーカー

映画『ジョーカー』のラストシーンが物議を醸しているようです。

ジョーカーがラストに放った「ジョークを思いついた」、この一言をどう解釈するのかがポイントになります。

今回は『ジョーカー』ラストのネタバレ考察をご紹介致します。

スポンサーリンク

『ジョーカー』ラストシーンのあらすじ

ジョーカー

『ジョーカー』のラストでは、ジョーカーは精神科と思われる病棟の面談室に収容されていました。

手錠をかけられた状態でカウンセリングを受けていましたが、またしても突然笑い始めます。

カウンセラーから「何がおかしいのか?」と聞かれたジョーカーは

「面白いジョークを思いついた。理解されないだろうけど」

と口にします。

その後、ジョーカーはダンスをしながら病棟の奥へと進んでいき、ョーカーが歩いた後にはべっとりと血にまみれた足跡が残されていました。(この血はカウンセラーの血と推察)

最後には病棟の奥のほうで何かから逃げるジョーカーの様子が描かれていました。

この一連のラストシーンにはどんな意味が隠されていたのでしょうか。

『ジョーカー』ラストのネタバレ考察

①「全てがジョーカー(アーサー)の妄想だった」説

ジョーカー

『ジョーカー』ではアーサーの妄想が数多く描かれていました。

  • アーサーが母親から愛情を受けていたシーン
  • クラブのコメディーショーで大ウケするシーン
  • シングルマザーのソフィーと仲睦まじくデートするシーン

こういった妄想のシーンが多かったことから、そもそも『ジョーカー』という映画自体がアーサーの妄想だったのではないか?という説です。

しかし、この説には1つ大きな矛盾点があります。

劇中ではアーサーの妄想と対比するかのように、現実としての描写もありました。

  • 実際はアーサーは母の息子ではなく養子で、虐待も受けていた
  • 実際はクラブでは全くウケていなかった
  • 実際はソフィーはアーサーの名前くらいしか知らなかった

つまり全てがアーサーの妄想ではありません。

さらに、マレー・フランクリンのラストシーンも現実を強調しています。

無数のブラウン管が並ぶシーンがありましたが、これは第三者の視点から見せていると考えられます。

つまり、アーサーの主観ではなく、現実に起こった悲劇ということを示唆しています。

以上のことから、全てがアーサーの妄想だったという考察は劇中の描写と乖離があると思われます。

②「バットマンに対するジョーク」説

joker

バットマンでは、トーマス・ウェインの息子ブルース・ウェインが登場していました。
実はブルース・ウェインはバットマンの本名なんです。

つまり、この事件が両者の因縁に結びついています。

また、『ダークナイト』でジョーカーは、「なぜジョーカーは現れるのか」という問いに対して、「バットマンがいるから」と答えていました。

ジョーカーにとって、犯罪は一種のジョークでしかありません。

「ジョークが思いついた」というのはある意味バットマンへの宣戦布告とも受け取れます。

それらを基にラストシーンのジョーカーの行動を考察すると、

  • 脱獄したのは、”ジョーク”を実行に移すため
  • 何かから逃げるようなジョーカーの様子はバットマンや警察との掛け合いを描写している

DC作品ファンよりの考察ではありますが、一考の余地はあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ホアキン・フェニックスがラストについて明かす

ジョーカー

ジョーカー役のホアキン・フェニックスが『ジョーカー』のラストについて明かしていました。

ホアキンは「エンディングの曖昧さが好きだ」と語りました。

ホアキン・フェニックスがジョーカーの結末を気に入っている理由は「簡単な答えがない」ことのようです。

つまりは、『ジョーカー』ラストの描写は明確な答えはない。真実や答えは視聴者次第ということですね。

スポンサーリンク

『ジョーカー』ラストのネタバレ考察まとめ

『ジョーカー』ラストのネタバレ考察をまとめると、考察としては

「バットマンに対するジョーク」説が最も妥当であると思われます。

しかし、ホアキン・フェニックスが語っているように、ラストシーンに対する明確な答えはありません。視聴者次第です。

面白そうな考察が判明次第、追記したいと思います。

スポンサーリンク