スポーツ選手

福岡堅樹の高校時代が超イケメン!50m走5秒8の俊足ラガーマンだった!

福岡堅樹

ラグビー日本代表の福岡堅樹さんに注目が集まっていますね!

高校では全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)にも出場していたそうですが、
前十字靱帯の断裂の怪我を負いながらも逆転トライを決めたという伝説もあります。

どんな高校時代だったのか気になりますよね。

今回は福岡堅樹さんの高校時代についてまとめてみました。

スポンサーリンク

福岡堅樹のプロフィール

福岡堅樹
  • 所属チーム:パナソニック ワイルドナイツ
  • ポジション:WTB
  • 生年月日(年齢):1992/09/07(27才)
  • 出身地:福岡県
  • 身長:175cm
  • 体重:83kg
  • 出身校・チーム歴:福岡高校 – 筑波大学
  • キャップ:19

福岡堅樹さんは5歳の頃からラグビーを始めており、福岡高校時代に全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に出場しています。

福岡堅樹

その後、1年間の浪人期間を経て、筑波大情報学群へ進学し、20歳で日本代表に初選出

2015年にはW杯日本代表に選ばれ、大学卒業後には強豪パナソニックとプロ契約を結んでいます。

スポンサーリンク

福岡堅樹は高校時代、超イケメンで勉強もできた!

福岡堅樹

上の画像は福岡堅樹さんの高校時代の写真ですが、超イケメンですね!

さらに、ラグビーだけでなく勉強もできたそうです!

福岡堅樹さんの出身高校は福岡県立高等学校です!

福岡高校は福岡県の中でも有数の進学校で、その偏差値はなんと72!

ラグビーもできて、勉強もできてまさに文武両道ですね!

福岡堅樹は50メートル走5秒8の俊足だった

福岡堅樹福岡堅樹さんは50m走5秒8の俊足でした!

陸上競技で日本記録は5秒75なので、福岡堅樹さんがどれだけ俊足だったのかが分かりますね!

高校ラグビーでも他をよせつけないほどのスピードだったそうです!

エディー前監督にも「世界で通用するスピード」と太鼓判をもらっていましたね!

福岡堅樹は高校時代に怪我で苦しんでいた

福岡堅樹

福岡堅樹さんは高校時代には怪我に苦しんだ時期もあったそうです。

高2の夏合宿で左膝の前十字靱帯を断裂し、高校3年生の5月にも再び前十字靱帯を断裂しています。

高校3年生の5月といえば、花園予選の直前でした。。。

福岡堅樹

福岡堅樹さんが悩んだ末に出した結論は、手術はしないという結論でした。

「保存療法」という療法で手術を回避し、周囲の筋肉を補強したりすることでなんとかしのぎました。

福岡堅樹さんは、福岡県予選の準決勝から戦列に復帰し、チームが敗れた花園2回戦まで、計4試合でピッチに立ちました!

スポンサーリンク

福岡堅樹は花園1回戦で怪我の足で大活躍!

福岡堅樹

福岡堅樹さんは花園1回戦で怪我の足ながらも大活躍でした!

なんと左膝の前十字靱帯を断裂した状態で、ラストプレイで逆転トライを決めています!

福岡堅樹さんの俊足が際立っていますね!

福岡堅樹さんのラストプレイで逆転し、見事本郷高校に勝利しました!

花園2回戦で惜しくも敗れてましたが、福岡堅樹さんの名を全国に知らしめることになりましたね!

スポンサーリンク