スポーツ選手

【悲報】佐々木がドラフトで泣きそうになる…嬉しくなさそうという声も

佐々木投手

ドラフト会議でロッテが奥川投手との交渉権を獲得しました。

そのときの佐々木投手の顔の表情が話題になっています。

佐々木投手はロッテに決まったとき、苦しそうで泣きそうになっていました。

ドラフト会議での佐々木投手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

佐々木投手がドラフト会議でロッテに決まる

ドラフト会議でロッテが交渉権を獲得したとき、佐々木投手は苦しそうな、泣きそうな何とも言えない表情を浮かべていました。

佐々木投手の顔の表情(ロッテ決定の瞬間)

佐々木投手

佐々木投手は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団に1位指名されました。

ロッテに決まった瞬間、佐々木投手は泣きそうな表情になっていました。

奥川投手もそうでしたが、佐々木投手も全く笑みを浮かべていません。

佐々木投手のこの表情には「本当は日ハムに行きたかったんだろうね」という声も挙がっていました。

佐々木投手に対するネット上の声

佐々木投手

佐々木投手の表情に対し、ネット上では「泣きそう」「嬉しくなさそう」といった声が挙がっていました。

全く笑みを浮かべないその姿に違和感を感じた方が多かったようですね。

スポンサーリンク

ロッテ決定後の佐々木投手のコメント

佐々木投手

ロッテに決まった瞬間、佐々木投手としてはホッとしたようです。

「日本一のピッチャーになりたい」と大きく夢を語っていました。

「高い評価をしていただいて、本当に光栄です。抽せんを待っている間は、どこの球団になるのかと思っていました。ホッとしていますし、ここがスタートラインなので、しっかりがんばっていきたい。ロッテは12球団でいちばん応援がすごいという印象です。プロでは日本一のピッチャーになって、チームを優勝に導けるような選手になれるよう頑張りたい」と話しました。ー<出典:>

ロッテに決まって安心したようですが、もしかするとかなり緊張していたのかもしれません。

佐々木投手のコメントから、浮かれることなくしっかり頑張っていきたいという強い意思が感じられます。

スポンサーリンク

佐々木投手が行きたかった球団

佐々木投手

佐々木投手は希望の球団はなかったようです。

佐々木投手は「12球団、どこでも頑張りたいと思っています。」と語っていました。

-意中の球団はあるか
佐々木 12球団、どこでも頑張りたいと思っています。

-プロ野球、もしくはメジャーでの憧れの選手はいるか
佐々木 憧れの選手はいません。

佐々木投手は憧れの選手もいないのようです。

佐々木投手はどの球団でというより、まずは日本のプロ野球で頑張りたいという考えのようですね。

スポンサーリンク