TV番組

【27時間テレビ】ビートたけしのギャラは?推定1億万という声も

たけし

ビートたけしさんが27時間テレビで総合司会を務めますね。

そこで、気になるのがビートたけしさんのギャラ。

一体、ビートたけしさんのギャラはいくらぐらいなんでしょうか。

今回はビートたけしさんの27時間テレビのギャラについてまとめました。

スポンサーリンク

【27時間テレビ】ビートたけしの出演コーナー

ビートたけしさんは27時間テレビの総合司会を務める他、7つのコーナーに出演します。

ビートたけし

<ビートたけしの出演コーナー>

  • グランドオープニング 18:30
  • 令和教育委員会 19:00
  • 『FNS系列局対抗 もう二度と見られない!?
    全国スポーツ秘蔵映像は強いっ!GP』 13:00
  • 『池上彰&たけしの世界のスポーツとお金のはなし』 15:50
  • 『たけし・さんまの有名アスリートの集まる店』17:15
  • グランドフィナーレ 『あの悔しかった日があるから、強くなれた!』 19:00
  • グランドフィナーレ 『ダンスができないセブンティーチャーズ』 20:50

今回の27時間テレビは全18コーナーあります。

総合司会のギャラと併せて、出演する7コーナー分のギャラも発生するでしょう。

スポンサーリンク

【27時間テレビ】2013年のビートたけしのギャラ

ビートたけし

ビートたけしさんは2013年に27時間テレビのギャラが報じられていました。

ビートたけしさんは2013年当時、1コーナー出演で500万円だったそうです。

<2013年 27時間テレビのギャラ一覧>

  • 明石家さんま:1000万円
  • ビートたけし:500万円(1コーナー)
  • 森三中:900万円
  • オアシズ:700万円
  • ハリセンボン、友近:200万円
  • 渡辺直美:100万円
  • 柳原加奈子:90万円
  • 椿鬼奴:80万円
  • マツコ・デラックス:100万円
  • アンタッチャブル山崎:120万円
  • おぎやはぎ:100万円
  • 山里亮太:80万円
  • 渡部健:70万円

当時の金額で、今回2019年の27時間テレビのギャラを算出すると(コーナー出演だけ)
(500万円)×(7コーナー)=3500万円
という計算になりますね。

スポンサーリンク

【27時間テレビ】ビートたけしのギャラ予想

ビートたけし

ビートたけしさんのテレビ出演料のギャラ単価は200〜300万円と言われています。

仮に1時間300万円で計算すると、

<ビートたけしのギャラ予想>

  • 総合司会のギャラ:300万円×27時間=8100万円
  • コーナー出演のギャラ:3500万円
  • 27時間テレビ合計のギャラ:1億1600万円

大まかな計算で、約1億円という計算になります。

実際に、「たけしさんのギャラは1億円を超えるのでは?」という声が挙がっていました。

ナインティナイン岡村のたけしギャラ予想

岡村

ナインティナインの岡村さんはビートたけしさんの27時間テレビのギャラを予想したことがありました。

そのときに、岡村さんは「億は入る」とコメントしていました。

「どれくらいもらうんやろ……億くらい入るんちゃうかな、たけしさんにギャラとして。それくらいやと思う」と笑いながら大胆に予想したー<日刊スポーツ>

岡村さんは司会の経験も豊富です。

その予想でいくと、本当に1億円は超えているかもしれません。

芸能リポータのたけしギャラ予想

『ゴシップジェネレーション』(AbemaTV)で芸能リポーターの長谷川氏がビートたけしさんのギャラを予想していました。

長谷川氏はビートたけしさんのギャラを5000万円と推測していました。

ビートたけしのギャラ予想

その根拠としてビートたけしさんのCMやテレビ出演料を例に挙げていました。

「ビートたけしさんは、CM出演料が1本1億円と言われていまして、たぶんテレビのバラエティ番組で1本500万から600万円。いつも27時間テレビのワンコーナーには出ているんですけれども、そのときで500万から600万。今回(2017年)安く見積もっていて、5000万円よりちょっと上くらいになりそう」(長谷川氏)ー<Abema TIMES>

2017年当時で安く見積もってということなので、現在のことを考えると、
十分に1億円を超える可能性はあります。

ちなみに、24時間テレビの初代司会者の萩本欽一ギャラは1億円だったそうです。

27時間テレビでビートたけしさんのギャラが1億円超えというのは現実的な数字だと思われます。

スポンサーリンク